FX体験談と口コミまとめchao

FX体験談と口コミのまとめブログです

FXで確定申告が必要になるケース

   

個人投資家の90%以上が損失を出しているというFX取引ではそれほど税金の心配をする必要はないということになりますが、安定して利益が上がるようになると税金を払う必要が出てきます。

FXで確定申告が必要になるケース

FX取引で一定額以上の利益が出てくると確定申告したうえで税金を支払うことになりますが、確定申告する必要があるのは、自営業や主婦、学生の場合にはFXの利益が38万円を超えるケース、給与所得2000万円以下のサラリーマンで給与所得・退職所得以外のFXを含む所得が20万円を超えるケース、公的年金等の収入金額が400万円以下の年金生活者で公的年金等に係る雑所得以外のFXを含む所得が20万円を超える場合となります。

もちろん、少額ですが一定の経費やは認められますのでそれを差し引いた金額ということになります。

また、損失が出ている場合でも確定申告をしていると損失を最大3年間繰り越すことが認められていますので、その間に大きな利益が出た場合などには損失と相殺することが可能となります。

ただし、この制度を利用するためには確定申告をしておく必要がありますので、損失が出ているので確定申告など関係ないと考えるのではなく、将来的には常勝トレーダーになるという決意があるトレーダーにはきちんと確定申告しておくことをおすすめします。

 - FX, FX税金