FX体験談と口コミまとめchao

FX体験談と口コミのまとめブログです

ヨーロッパ時間とアメリカ時間の参加者が入ってくるタイミング(16時と22時)でエントリー

   

私がFXの取引によく参加する時間帯は16時から18時と22時から24時の時間帯です。前者は16時からヨーロッパの関係者がぞろぞろと参加してくる時間帯であり、17時にかけて取引が活発化し、18時ごろにそれが落ち着く時間になります。

ですので、まずは昼間の時間帯で相場の大体の方向性をつかんでおき、16時ごろにポジションを持つようにします。そして、17時ごろから持ったポジションの利益確定をしていき、18時ごろから相場の分析や、様子見をしていきます。

そして、後者の時間帯の22時ごろには、今度はアメリカの関係者が参加してくる時間帯となり、株式市場も始まることもあって、また市場が活発化するのです。ヨーロッパとアメリカの参加者が交わることもあり、相場のボラティリティも一気にあがってくるので、この22時ごろからの取引時間が参加者も多く、一気に盛り上がるのです。

22時台半ばあたりからは、世界の金融市場で最も注目される米国の株式市場が大きく動く時間帯に入ります。株式市場を横目で見ながら取引するのでFXにおいても、この取引時間に注目している参加者が多いので、この時間で取引すれば大きく稼ぐことのできるチャンスが生まれます。

そして、24時前後のロンドンフィックス(夏時間、冬時間は午前1時)でまた利益確定のような相場の大きな動きが発生するので、ここで一度決済等を試みる時間になります。また、たまに午前2時から3時にかけて、相場が大きく動く時があるので、余裕があるときは参加するようにしています。

 - FX, FX取引時間帯