FX体験談と口コミまとめchao

FX体験談と口コミのまとめブログです

活発な値動きのある時間帯で取引するのがFXで勝つコツです

   

FXの市場は24時間開いているのでパソコンやスマホがあればいつでも好きなときに取引が可能です。便利に感じますが、相場は24時間同じように動いているわけではなく、活発な時間帯とあまり動かない時間帯があります。結論から言うと活発な値動きのある時間帯で取引するのがFXで勝つコツです

私が初心者の頃は、取引時間にこだわるよりは自分が一番気持ちよく取引できる時間を選んでいました。頭が冴えているときが冷静な判断ができるということで、9時から15時の時間帯を選ぶことが多かったです。1日に1回は必ずエントリーすることが目標で、早い時間帯に済ませて楽をしたいという気持ちから東京時間の取引を選んでいたのもあります。

3市場の中では値動きが活発でないためにレンジを形成しやすいと言われていますが、前日のニューヨーク時間に重要な発言があった場合や取引時間内に重要な発言があった場合は大きな動きになります。

私が豪ドル円の取引をしていたとき、動いたのをトレンドが出たと思って順張りで付いて行ったら実際はレンジだったことが何度もありました。途中で値動きが止まって16時過ぎになってようやく動き出し、逆に動かれて損切りにあったことがあります。

東京時間はあまり動かないことが多いので、下手すると何時間もポジションを持たないといけません。大事なお金でFXをやっているわけですから、よく動く時間帯を選んだほうがいいと思いました。

そう考えて3年前からは15時から17時、21時から23時のエントリーが増えました。

欧州時間とニューヨーク時間は値動きが活発でトレンドが出やすいため、東京時間のレンジのつもりで逆張りすると損切り連発になってしまいます。動き出したら素直に付いていくようにします。

ニューヨーク時間に取引することの注意点ですが、寝る時間が近いのでポジションを持ったまま寝ることになるかもしれません。私は数回経験したことがありますが、含み益でも含み損でも落ち着かずあまり寝付けませんでした。

心配性の人は特にそうなる可能性が高いので、夜寝る前のポジションは控えたほうがいいかもしれません。

 - FX, FX取引時間帯