FX体験談と口コミまとめchao

FX体験談と口コミのまとめブログです

取引時間を決めたことでポチポチ病が治りました

   

FXを始めて、6年くらいたちます。 これまで大きな損失もなく、主婦のお小遣い程度に、FXで収益を上げています。

FXを始めたころは、一日中、PCを立ち上げて、チャートを眺めては、ただのカンで、売ったり買ったりを繰り返していました。たまには偶然で、いい波に乗れることもありましたが、同じ分だけ損をしてしまい、PCに張り付いついたまま、何の成果もなく、一日を終えることがほとんどでした。まだ、小さな子供がいるのに、私は何をやっているんだと、沈む毎日でした。

そこで、私は取引時間を絞って、FXに参加することにしました。ずいぶんの間、チャートを眺めていたので、値動きが激しい時間帯には、短時間で結果が出ることはわかっていました。そして、1日のうちで、一番値動きの激しい時間は、東京時間の始まる9時前後と思っていた(ドル円の場合)ので、それまでは、待ちです。

朝起きて、チャートは開きますが、9時近くなるまでは、見るだけ見るだけ…と、念じます。当時、すぐにポジションを持ってしまう、いわゆる「ポチポチ病」を患っていた状態だったので、チャートを見ているだけという状況にうずうずしてしまいましたが、充実した生活を送るために、そこは我慢です。

毎日のニュースや、頼りにしていた、何本かのテクニカル指標などから、今日は買いか売りかと考えておいて、自分で決めていた取引時間になって、決めていた方に、ぐっと長いローソクが伸びたら、即エントリーし、少しの利益で確定します。逆に動けば、すぐ損切です。

私は、プロのトレーダーではないので、たくさんの利益は求めていません。ただマイナスをなるべく少なくして、FXを楽しむのには、このような感じがちょうどあっているようです。

結局、1日中チャートに張り付いて、悶々として過ごしていた頃より、収益をあげられるということが実感としてわかったので、取引時間を決めたことで、ポチポチ病も治り、決めた時間以外、チャートも気にならず、快適な生活を送れるようになりました

FXでルールを守ることの大切さは、精神衛生上も、本当に大切です。

 - FX, FX取引時間帯