FX体験談と口コミまとめchao

FX体験談と口コミのまとめブログです

レジスタンスライン(サポートライン)を引けばレンジ相場が明確になる

   

FXでは、ある一定の範囲内で売買相場が平衡することがあります。これは「レンジ」といい、FXのチャート分析のポイントの一つです。

レンジ相場においては「ある一定期間のチャート上の任意のポイントに、2本の平行なラインを入れる」がというチャート分析法が有効です。これだけで、ある程度相場の規則らしき物が見えてきます。初心者には少し難しいかもしれませんが「無駄な取引を減らせる」「ロスカットの理由が明確になる」などのメリットがあります。

上の線は「レジスタンスライン」、下の線は「サポートライン」といい、この2本の線の間における相場を「レンジ相場」といいます。基本的に、レンジ相場では値動きが鈍くなりますが、たまにいずれかのラインを抜けてレンジ相場が崩れることがあります。これを「レンジブレイク」といい、上に抜けた場合はさらに相場は上昇し、下に抜けた場合はさらに相場は下降して行きます。

しかし、レンジブレイクが起きたにもかかわらず、すぐに相場が戻ってしまうこともままあります。これを「だまし」といい、レンジ分析を困難にしている最大の要因なのですが、これにどう対処するかが利益に大きく影響するので、避けて通ることはできません。

最も簡単な対処法としては、「一旦引いたラインは消さない」ということです。レンジブレイクが起きた直後では、それがだましかどうかは分かりません。ですから、引いたラインは残したままで、さらに状況を見て書き加えることで、その後の相場を見るのに役立てることができます。

 - FX, FXチャート分析