FX体験談と口コミまとめchao

FX体験談と口コミのまとめブログです

ローソク足がSARを上側へ抜けた場合が買いのタイミング・下側へ抜けた場合が売りのタイミング

   

FXをはじめた当初は、どのような指標で取引をすればよいのか判断に困惑していました。FXは値が上がる前に買って高値で売ることが基本になります。その数字の変化を捉える手法は、どのように考えればよいのでしょうか?

一つの指標として、パラボリックとよばれるチャートがあります。このチャートは、SAR(ストップ・アンド・リバースポイント)と呼ばれる点線で描画されており、トレンドの変化を捉えるために便利になります。

パラボリックの一つの表示方法としては、買いの場合が赤い点・売りの場合が青い点で表示されています。SARが青の点から赤の点へ変化又はその逆になる時が、トレンドの変化点として理解することができます。パラボリックは、視覚的に買いのタイミングを確認できるために、初心者からも理解しやすい判断指標となります。

二つ目の指標としてはローソク足です。ローソク足は、一定期間の値動きの推移を知る有効な手段になります。ローソク足は時間単位ごとに以下のような種類があります。

  • 分単位の値動きを確認するための分足
  • 一日の値動きを確認するための日足
  • 一週間単位の値動きを確認するための週足
  • 一ヶ月の値動きを確認するための月足
  • 一年単位の値動きを確認するための年足

幾つも評価レンジを選択できるために、短期から長期までのトレンドを読み取ることが可能になります。このローソク足は、始値・高値・安値・終値が確認できます。

パラボリックとローソク足の指標を使用した場合のFXの売買のタイミングの一つの考え方は、ローソク足がSARを上側へ抜けた場合が買いのタイミング・下側へ抜けた場合が売りのタイミングになります。実際には、SARのグラフの全体の時系列の変化なども注意深く分析することにより、差益が増加することになります。

 - FX, FXチャート分析